HOME > クライオとは?

クライオとは?

あらゆるオーディオ機器をクライオ専用炉及び、液化窒素を使用してクライオ処理、熱処理学会による温度管理の研究と音質の確認を長年行ってまいりましたが、やっと満足の行く結果が得られましたので、クライオ処理による音楽再生の素晴らしさをオーディオファンの皆様へお伝えするために、クライオオーディオテクノロジーを発足する運びとなりました。

クライオ処理は温度の下げ技術と上げ技術が最も重要で、-100度から-196度までの温度帯に中でその材質に適した温度帯と時間を管理しま。

単純にクライオ温度帯へ下げてもその管理を間違えれば、分子クラスター構造が破壊され見た目には分かりませんが、元の材質よりも劣る結果となります。

日本有数の熱処理専門会社として及び熱処理学会との技術提携によって、素晴らしいクライオ処理技術を獲得しておりますが、その詳細は数多くの特許による熱処理会社の企業秘密となり、公表することは出来ません。

しかし、オーディオ機器である以上、専門家にしか理解できない処理方法を誇示するよりも、その音質を最重視すべきではないでしょうか?それぞれの部材に適した処理が正確になされているかどうかは、視覚的には判断できません。

他社製品と音質の比較をしていただければ、我々の優れた処理技術とオーディオマインドをより一層ご理解いただけます。

我々が目先の金儲けではなく、ユーザーの利益を最優先に今何が必要なのか?を真剣に考えていることは認知さているのに時間の掛かる市販にない製品、今までにない処理の受付から取り組んでいるい事でご理解いただけると思います。

これからもオーディオにおけるクライオ処理の無限の可能性にトライしてまいりますので、今後にご期待下さい!